絶対入れるべきiphoneアプリ

日本で最も人気のあるスマートフォン端末の一つであり、大手携帯電話会社3社のほか携帯キャリアのサブブランドでも取扱があるのがiPhoneです。iPhoneにはAndroidには配信がない魅力的なアプリが多数配信されています。
iPhoneを購入したらぜひ導入すべきiphoneアプリTOP3を解説していきます。

iphoneアプリTOP3としておすすめしたいのがLINE、グーグルマップ、Dropboxの3種類です。
iphoneアプリTOP3はその都度変動がありますが、
これらの3つのアプリは年齢や性別に関係なく便利に利用できますし、ビジネスでもプライベートでも利用できます。
LINEは日本でも最も人気のあるコミュニケーションアプリであり、友人や家族と連絡を取るのに欠かせません。
メッセージや写真、動画のやり取りなどが無料で行えるだけでなく、通話やビデオ通話なども無料でできるため、
導入することで通話代の節約効果も期待できるのです。

グーグルマップはGoogleが開発した地図アプリでありナビ機能も搭載されているため旅行などで初めての土地を訪れる際に非常に役立ちます。
また近隣の観光スポットや飲食店などのクチコミ情報の確認も可能なため、普段使いにも重宝するアプリと考えられます。
自動車にiPhoneを固定するホルダーを搭載し、グーグルマップを起動すればカーナビとしても利用できるメリットもあるのです。

Dropboxはクラウド・ストレージサービスの一つであり、使いやすさやパソコンとの連携のしやすさに定評があります。
無料で利用できるストレージ容量が他のアプリと比較して大容量ですし、アップロードもしやすいメリットも人気です。
パソコンとのデータのやり取りを頻繁に行う場合はiPhoneとパソコンの両方にDropboxを導入しておくことでデータのやり取りを圧倒的に楽できます。

これらのiphoneアプリTOP3を導入すればより快適にiPhoneを使いこなすことができるでしょう。

格安スマホのいいところ

大手キャリアの携帯よりも、格安スマホに乗り換える人が増えていますよね。
様々な企業が参入しているので、どこにしたらいいのかいろいろ検討している人もいるのではないでしょうか。
格安スマホに乗り換えてから後悔しないように、メリットとデメリットを良く理解してから決断しましょうね。

まずメリットですが、その名称が示している通り、とにかく料金が安いことです。
月額料金の相場は、約1600円から2500円と言われています。
端末代は別ですが、三大キャリアと比べると大幅な携帯代の節約になりますね。
どうしてこんなにも安いのか心配になる人もいるでしょうが、その理由はいたって明確です。

自前の通信回線を持たずに、レンタルで済ませているので維持費も初期投資も不要なのです。
三大キャリアからレンタルしているので、格安スマホに乗り換えたことで通信速度が落ちることはありませんよ。
料金プランを自由にカスタマイズすることができるので、無駄がないという点もメリットです。
メール主体ならかけ放題を付けなくてもいいですし、逆に通話メインならSMSを省いてもいいという人もいますよね。
ゲームや動画に興味がない人なら、低容量のリーズナブルなプランにしてもいいでしょう。
契約の縛りが少ないのも、格安スマホのメリットですね。
三大キャリアはどうしても2年縛りという問題がありますが、格安スマホの最低利用期間は半年から1年間だけです。

デメリットとしては、無料通話などがない点を挙げることができます。
通話料も高いですが、この点は無料通話アプリなどを使ってカバーすることは可能です。
スマホのユーザーで、無料通話アプリを使っていない人の方が少ないのでこの点は特に気にしなくてもいいかもしれませんね。
もし契約期間中にトラブルが発生した時に大手ほど手厚いサポートを受けられないという問題点はありますが、
最近は優良ではあるもののお客様サポートを充実されるところも登場しています。

iphone修理店の大手はどこ?

多くの人々が使っているスマートフォンであるiphoneはユーザー数が多い事もあって、修理サービスを提供している会社が数多く点在しています。
東京や大阪や名古屋などの大都市圏だけでなく、地方都市にも支店を置いている所が多いですので、iphone修理をしたい人々にとっては重宝します。

iphone修理店の大手も存在しており、全国チェーン店は大手と考えて良いでしょう。
修理内容はどこの会社でも同じであり、画面割れや水没による故障、経年劣化によるボタンの不具合やバッテリーの劣化などの症状に対して修理サービスを提供しています。
画面修理に関しては、その症状によって適用されるサービスに違いがあり、交換するべきパーツや料金が変わってきます。
ディスプレイのガラスが割れた場合にはガラス部分の交換で済みますが、液晶ユニットが故障した場合には基盤も交換する必要が出てきますので、料金はガラス割れよりも高くなります。

水没による故障の場合には、水没によってショートした基盤の交換を行うのが一般的ですので、
液晶ユニットの交換と同レベルの費用がかかってくるでしょう。
バッテリーやボタンなどのパーツは経年劣化によって交換が必要になってくるものです。
ボタン類は比較的安い料金で交換をしてもらえますが、バッテリーはやや高めの費用がかかってきます。
しかし、愛機を更に長期間使いたいと考えているのであれば、バッテリーリフレッシュサービスは有効な選択肢でしょう。

iphone修理の大手は、全国チェーン展開しているのが一般的であり、全店舗で修理作業のマニュアル化が浸透していますので、
短期間での修理も十分に可能な体制が整っています。
一方で、地域密着型のチェーン店も存在しており、地元に幅広く店舗を展開していますので、
県外に住むという事がしばらく無いのであれば、このサービスを活用しても良いでしょう。
PCショップが修理サービスを提供している事もありますので、全国展開の大手修理店は探し易いです。

iphoneの便利な機能

スタイリッシュなフォルムが魅力であるスマートフォンのiphoneは、そのフォルムに様々な機能を詰め込んでおり、多くの人々に活用されています。
その中でも、日常的に使う事で一層便利にiphoneを活用出来るようにしてくれるのが、iphoneの便利機能です。

iphoneの便利機能の中でもよく使うと思われるのが、「ホーム画面への追加」でしょう。
いつも見ているサイトにアクセスするのにブラウザのブックマークからアクセスしますと少し手間がかかってしまいます。
そこで、「ホーム画面への追加」を使う事で、ホーム画面のアイコンをタップするだけで即座にブラウザが立ち上がって、
ユーザーが見たいWebページやWebサイトにアクセスする事が出来るようになります。
オンラインサービスを使っているのであれば、この機能を使う事で、あたかもアプリのようにWebサイトにアクセス出来るのが利点でしょう。
「ホーム画面への追加」機能は、標準搭載されているブラウザに搭載されており、ブラウザの共有アイコンから追加させる事が出来ます。
よく使うサイトだけ登録しておけば、ブックマークからサイトにアクセスするという手間を省けます。

バッテリーの寿命をある程度知りたい時には、パソコンにiphone向けのバッテリーチャッカーアプリをインストールして、
パソコンにiphoneを接続して調べる事が出来ます。
バッテリーの寿命を知る事で、どのタイミングで買い換えを考えていけば良いのかが分かりますので、
端末の買い換えを考えているユーザーには良い方法でしょう。

新しいバージョンのOSでは、音声アシスタントに対して音声入力をする事で回答を知る事が出来ましたが、
この問いかけの方法が音声入力だけでなく、文字入力でも可能になっています。
場所によっては音声入力をするのに気を使うといった場面もありますので、そのような時に文字入力で音声アシスタント機能を使う事も出来ます。