格安スマホのいいところ

大手キャリアの携帯よりも、格安スマホに乗り換える人が増えていますよね。
様々な企業が参入しているので、どこにしたらいいのかいろいろ検討している人もいるのではないでしょうか。
格安スマホに乗り換えてから後悔しないように、メリットとデメリットを良く理解してから決断しましょうね。

まずメリットですが、その名称が示している通り、とにかく料金が安いことです。
月額料金の相場は、約1600円から2500円と言われています。
端末代は別ですが、三大キャリアと比べると大幅な携帯代の節約になりますね。
どうしてこんなにも安いのか心配になる人もいるでしょうが、その理由はいたって明確です。

自前の通信回線を持たずに、レンタルで済ませているので維持費も初期投資も不要なのです。
三大キャリアからレンタルしているので、格安スマホに乗り換えたことで通信速度が落ちることはありませんよ。
料金プランを自由にカスタマイズすることができるので、無駄がないという点もメリットです。
メール主体ならかけ放題を付けなくてもいいですし、逆に通話メインならSMSを省いてもいいという人もいますよね。
ゲームや動画に興味がない人なら、低容量のリーズナブルなプランにしてもいいでしょう。
契約の縛りが少ないのも、格安スマホのメリットですね。
三大キャリアはどうしても2年縛りという問題がありますが、格安スマホの最低利用期間は半年から1年間だけです。

デメリットとしては、無料通話などがない点を挙げることができます。
通話料も高いですが、この点は無料通話アプリなどを使ってカバーすることは可能です。
スマホのユーザーで、無料通話アプリを使っていない人の方が少ないのでこの点は特に気にしなくてもいいかもしれませんね。
もし契約期間中にトラブルが発生した時に大手ほど手厚いサポートを受けられないという問題点はありますが、
最近は優良ではあるもののお客様サポートを充実されるところも登場しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です